REPORTS

現場レポート

2019.02.09

箭浪様邸 火打ち金物

昨日、火打ち金物の取付が終了しました。上記の金物は鋼製の火打ち金物になります。鋼製の火打ち金物は金物が天井に隠れる場合等に使用することが多く、勾配天井等の小屋裏がない表しの場合には鋼製ではなく木製の火打ち材を使用します。これは地震及び風圧等の応力により建物がねじれない様に補強する金物になります。しかし火打ち金物自体の耐力は非常に弱く多くの数を配置しても構造計算上建物がもたないケースが多くあります。本来であれば小屋裏に直に構造用合板等を張付ければいいのですがコスト面や施工がやりにくいことから省くケースがあります。ではどのようにして回避すればよいか?それば屋根材に貼付けてある野地板の厚さ及び釘のピッチを細かくすることで対応します。屋根材の釘ピッチを細かくし剛性を上げる計算は非常に高度な計算も用いますが、弊社では可能になるため適切に耐力を確保しております。