REPORTS

現場レポート

2019.01.27

箭浪様邸 構造材-1

構造材の確認を行いました。画像に貼付けてあるシールは日本農林規格材で法律で定められている材料の証明になります。見えずらいですが、柱(同一等級)、梁(対称異等級)の材料を使用し、シールに記載してあるEは硬さ、Fは強さを表す数値になります。硬さと強さが同じに思いますが、構造的にはまったく意味が異なります。今回使用する上記の集成材は材料品質は抜群に良いです。各住宅メーカー等は、集成材を嫌います。住宅メーカー等はコスト削減のため、建物内部に隠れる構造材のコストをとことんを落としていきます。現在の法律では、2階建て以下の住宅の柱や梁材は無等級材といって強度及び品質が確保させていない材料を使用してもいいとなっており、その辺で切ってきた材料を使用しても問題ありません。各住宅メーカー等はデザイン重視が多く、他社とコスト等の差別化を図るため、ほとんど無等級材にて施工を行います。無等級材は割れや、たわみやすい材料となります。