REPORTS

現場レポート

2019.01.17

箭浪様邸 基礎配筋検査

本日、箭浪様邸の配筋検査を行いました。コンクリート内部に入っている鉄筋の検査を行います。コンクリートは鉄筋が入っていないと強度が確保できない性質があります。相乗効果を期待して強度を確保するため、鉄筋の径やピッチが計算通りの配筋量になっているかを確認します。間違った配筋をした場合には、応力が加わった場合にせん断破壊といって非常に危ない構造になります。それを防ぐために、適切に入っているかを検査します。